わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 山 田 】 大字名の由来

山田は林堂の西側、葛城山麓の傾斜地に位置しています。山田の「山」は集落の西の山をさしているものと推定され、西にある平岡との境界にもなっています。中世は興福寺大乗院領の「林堂庄」に含まれていたようです。

三神社
 (大山咋命・伊弉冊命・豊受姫命の三神を祭っていますが、江戸時代には「日吉大権現」、明治3年(1870) には熊野祠と呼ばれ、明治12年(1879)現社名になりました。)

・三神社の初午【解説】
三神社の初午 三神社の初午 三神社の初午 三神社の初午 三神社の初午 三神社の初午


江戸時代には日吉権現とよばれたが(寛政五年正月」郷内小宮遷宮定書」笛吹・持田篤文文書)明治三年(1870)には熊野祠と称され、祭神は大山咋命・伊弉冊命・宇賀御魂命の三神であった(「和州忍海郡笛吹社氏子農枝社御神名并社記録」笛吹・持田篤文文書)。 同七年になると、社名は熊野祠のままだが祭神は伊弉冊命一神になった(「郷村社取調帳」奈良図書館所蔵文書)。 そして、明治十二年には社名が三神社とかわり、祭神も大山咋命・伊弉冊命の明治三年時の二神に、あらたに豊受姫命が加わり三神となった。

境内社に稲荷神社が書き上げられているが、宇賀御魂命は姿を消してしまった。(「神社明細帳」奈良図書館所蔵文書)。

出典: 新庄市史より

《 藩略史 》山 田 村 (現・山田、福島兵部領⇒郡山藩郭住領⇒幕府藩)
江戸初期には福島兵部領。寛永十年三月三日以降は旗本佐久間実勝領。次いで正保四年からは旗本水野忠貞領となり、明治維新となる。




生涯学習発表会にて「山田」の目印としてベニヤの牛


生涯学習発表会にて
「山田」の目印としてベニヤの牛(2009年9月21日)
笛吹神社夏祭りE(伊勢音頭の練習)
笛吹神社夏祭り
(伊勢音頭の練習)
笛吹神社夏祭り@ 笛吹神社夏祭りA 笛吹神社夏祭りB 笛吹神社夏祭りC山田80年ぶりの「12振り」の復活
笛吹神社夏祭りD

笛吹神社夏祭り 山田80年ぶりの「12振り」の復活
(2013年7月17日)

(投稿:I・Y さん)



ひまわり@ ひまわりA ひまわりB
 (ノ_-;)ハア・・・、、、わが家の「ひまわり」が枯れました
でっ、近所の「ひまわり」畑をお見せします。
(・_・)☆ヾ(^^ )なんでやねん!
(投稿:ゆうこ さん)


お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.