わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 梅 室 】 大字名の由来

梅室の名前が記されている最も古い史料は、文禄4年(1595)の「大和国忍海郡脇田ノ村御検地帳」で、「梅室少二郎」の名が見え、「ムメムロ」と送り仮名されています。

梅室は、江戸時代のはじめ脇田上ノ村に含まれ、寛永16年(1639)の「国郷帳」では脇田上ノ村が脇田、平岡、山口、上ノ小林共の4か村に分割されており、上ノ小林共は寛文4年(1664)の「寛文印知集」では上ノ村と小林村に分離し、元禄13年(1700)の「元禄郷帳」では上ノ村が梅室、笛吹、上ノ馬場の3か村に分割され梅室が笛吹とともに一つの村として独立していたことがわかります。

出典: 葛城市ホームページ

文禄四年九月吉日の大和国忍海郡脇田ノ村御検地帳に「ムメムロ」の集落名が現れる。江戸時代初期は脇田のうち。のち脇田村は寛永郷帳においては脇田村・上之村・山口村・平岡村に分離するが、梅室村は上之村に含まれる。

 上之村は、寛永十年三月三日以降は旗本佐久間実勝領。寛永十六年郡山藩郭住本多政長領。延宝七年その国替えによって、翌八年永井直円領となり、天和二年直円が新庄藩主となると新庄藩領となる。この際に脇田村から分離独立した。



お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.