わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 新 町 】 大字名の由来

新町という字が示しているように、町(むかしは村)として独立したのは比較的新しく、江戸時代の終わりごろです。独立する前は南花内村に属していました。どのような理由で南花内村から分離独立したのか明らかではありませんが、一説には農村的な南花内村と、大和郡山の筒井から高田・御所を経て三在に至る「下道」(下街道)筋に街村的な発達をした新町村との間に違いが発生したことによるものと考えられています。

新町は村として独立したのが比較的新しいため、村中には寺院はありませんが、神社は天香山命を祭神とする笛吹若宮神社が鎮座しています。

・「トンド」焼き【解説】
「トンド」焼き 太く頑丈な縄をつくる 縄の長さは約25メートル 道具は何よりも大事 昨年のトンドの焼け杭も、今年のトンドで燃やす すのこ状態にした竹杭に縄をくくり付ける。 すのこの上にワラを敷きつめる ワラをすのこで巻き上げる。 円錐型のトンドを立てて形を整える。 トンドの上部に竹を刺して囲った内に門松、萱、正月飾り、葦などを埋め込んでいく トンドの胴に巻くしめ縄を編むのは熟練の技 しめ縄をぐるりに巻き、その年の恵方にしめ縄飾りをする 美しい円錐形に整ったトンドの完成 トンドに点火される あっというまに燃え上がった! 焼け杭を拾うひと、提灯に火をとるひと・・・ 今在家のトンド



お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.