わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 大 屋 】 大字名の由来

大屋という名称の由来を知りうる資料は現在のところ明らかではありませんが、江戸時代以前にこの地域を支配していた布施氏とその家臣の屋敷が構えられていた名残りと思われ、布施氏の菩提寺となっている慶雲(禅)寺が大屋領に含まれていることも示唆的です。

・慶雲(禅)寺【解説】
慶雲(禅)寺

慶長郷帳では幕府領。元和五年郡山藩に編入され、延宝八年永井直円領となる。永井氏の入部とともにその所領となり、明治維新に至る。  布施氏滅亡後、大坂で商いをしていた杉浦半兵が老いて帰郷後、公益のため新庄村に「三才」の大橋を架橋した。行者橋といい、高野街道に沿い高田川に架橋、大和では数少ない太鼓橋形式の石橋である。  明治八年三月、寺口村・中戸村・大屋村・藤井村が合併して金沢村となったが、同十五年一〜三月の間に各村分離独立して、もとの大屋村となった。



お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.