わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 中 戸 】 大字名の由来

中戸の字が用いられるようになったのは江戸時代中ごろの「元禄郷帳」からで、それ以前の「寛永郷帳」では「中東」と記され、室町時代の「金峰山免田田数注 進状」には「ナカトウ」とあります。このように、中戸は中東から転訛したものであることがわかるものの、中東の語源については定かではありません。

中戸は、葛城山系東麓、葛城市のほぼ中央に位置し、中央部を主要地方道県道御所香芝線(山麓線)が斜めに横切っています。

また、火災や災害、救急時に対応する葛城市消防本部消防署があります。

出典: 葛城市ホームページ

寛永郷帳に「中東」とある。江戸時代初期新庄藩領。天和二年の桑山一尹の改易にて、幕府領に編入される。  明治八年三月、寺口村・中戸村・大屋村・藤井村が合併して金沢村となったが、同十五年一〜三月の間に各村分離独立して、もとの中戸村に復した。



お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.