わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 葛 木 】 大字名の由来

葛木の名は、明治維新後に桑海村と正道寺村が合併してできた葛木村が基盤となっています。葛木の名を用いたのは、平安時代の「延喜式」神名帳に見える式内社・葛木御県神社が鎮座していることによるものと考えられます。

葛木御県とは古代の県(あがた)名、大和国の六県(高市、葛木、十市、志貴、山辺、曽布)の一つで、県の守護神が御県神です。御県神社が鎮座することから、この周辺が葛城県の中心であったものと思われます。

出典: 葛城市ホームページ

大屋村と新庄村の簡に所在。小字桑海が残っている。元禄郷帳には「クアニミ」の訓を付す。慶応郷帳には「桑の味村」とみえ、新庄藩桑山一尹の改易で幕府領となり、享和元年郡山藩松平甲斐守に引き継がれ、明治維新に至る。明治維新後、正道寺村と合併して葛木村となる。



お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.