わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 柿 本 】 大字名の由来

柿本は、わが国最初の歌集である『万葉集』の最高の歌人と言われ、和歌の祖( 歌聖)と仰がれた柿本人麻呂ゆかりの地としてよく知られています。

柿本の名の由来は、「家の門前に、柿の樹(木)があった」ので、「柿の木の下」から「柿本」となったという考えと、「宮廷領の境界、またはそこを守ることを意味している『垣下(かきのもと)』」ではないかとの説があります。

・柿本神社【解説】 柿本神社

・柿本神社のちんぽんかんぽん祭 【解説】
柿本神社 影現寺(ようげんじ) 仏像は本尊の十一面観音と真澄像 神社には人麻呂ゆかりの三十六歌聖の歌が奉納されている 午後2時、神殿での神事が始まる 午後4時、お待ちかねの御供まき開始 「わあー、たくさん拾ったねえ」 人麻呂塚 真済の墓(?)

江戸時代初期新庄藩領。のちに御所藩主桑山元晴に分与したうちに含まれ御所藩領となる。寛永六年桑山貞晴の継絶後に幕府領となるが、同十六年郡山藩本多勝行知行、仁応以降は郡山藩領となる。



お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.