わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 林 堂 】 大字名の由来

林堂は、今から約600年前の室町時代に「林堂庄」という荘園名としてその名が見えます。林堂庄は笛堂とともに興福寺大乗院領の荘園で、双方とも「堂」が付くところに共通性があります。

林堂の名称の由来は明らかではありませんが、本村のすぐ北には東・西薬師堂という小字があることから、薬師如来像を安置したお堂があったものと推測され、このお堂の門前町として発達したものと思われます。

出典: 葛城市ホームページ

慶応郷帳では江戸初期には福島兵部領。寛永十年三月三日以降は郡山藩郭住領。承応二年十月九日、本多政信(本多政勝の養子)領、大和国葛上、忍海、平群、十市、葛下、高市六郡のうちにおいて一万石を領し、城地郡山の郭内に住した。寛文二年本多忠英が政信の養子となり、その遺領を継ぐ。 延宝七年六月、本多忠英が播磨国宍栗郡山崎に国替えとなって幕府領となり、その後郡山藩領となって明治維新となる。




大字林堂東自治会「40周年記念イベント」。 10年ごとの大きなイベント。今回4回目。花火を上げたり…すごい結束力 50周年60周年を目指して!
大字林堂東自治会「40周年記念イベント」に参加。
10年ごとの大きなイベント。今回4回目。花火を上げたり…すごい結束力
50周年60周年を目指して!(2013年6月)
(投稿:杉ちゃん さん)


お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.