わが街 探訪 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪


葛城市ホームページ
・葛城市の紹介・概要
・葛城市民憲章
・葛城市の市章
・「葛」の字について
・市歌・木・花・鳥
【 笛 堂 】 大字名の由来

このあたりは、中世(鎌倉〜戦国時代)の新庄を支配した布施氏の一族といわれる笛堂氏の本拠地で、居館が字城山を中心にあったと言い伝えられています。

なお、笛堂の「笛」については、笛吹の「笛」と相通じるところがあり、柿本とゆかりが深いと言い伝えのある「万葉集」を代表する歌人の柿本人麻呂が活躍していたころ、飛鳥(現在の橿原市と明日香村)の地から二上山、さらに竹内峠を越えた飛鳥(現在の大阪府太子町)に向かう葬列を、人麻呂の挽歌にともなって笛堂の笛吹の一団が葬送行進曲を奏でたとの説もあります。

このことから笛堂の地名の起源は、笛吹、柿本とともに古代までさかのぼる可能性を秘めています。

江戸時代初期、新庄藩。のち叔父御所桑山元晴に分与したうちに含まれる。寛永六年新庄藩改易で幕府領に編入され、寛永十六年郡山藩領となり、承応二年以降、郡山藩郭住本多政長中務大輔領。延宝八年永井直円領となり、その所領となる。



お待ちしています

投稿募集! あなたの街を紹介してください!詳しくは【こちら】

【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.