コ ラ ム  ちょっと意見をゆうこ 葛城市議会議員
 吉 村 ゆ う こ
葛城市議会議員 吉村ゆうこ
ライン
【 コラム一覧 】

ご挨拶
プロフィール
理念 目標 姿勢
活 動
アルバム(随時更新)
コラム
ご意見・ご感想
後援会・事務所案内
リンク集
わが街 探訪
葛城市議会改革特別委員会の設置についての提出理由
平成19年第3回葛城市議会定例会会議録(第2日目)
平成19年9月27日より抜粋
 【会議録はこちら】

吉村優子 議員
 議長の命により発議第6号 葛城市議会改革特別委員会の設置についての提出理由を申し述べます。

 葛城市議会改革のための特別委員会の設置について、次のとおり葛城市議会改革のための特別委員会を設置する。

 記。
1、委員会の名称。葛城市議会改革特別委員会。
2、委員会の任務。市民の代表機関としての議会の役割を見直し、その責務を明確にしながら適正な定数、議員報酬等の検討を初め、議会活動の活性化を図り、議会改革の調査・研究を推進し、必要な場合は条例を制定する。
3、委員会の権限。地方自治法第110条第4項の規定により、閉会中も調査することができる。
4、設置の期間。必要と認められる期間。
5、委員の定数。9人。
 提出の理由を述べます。
 平成12年の地方分権一括法の制定や三位一体の改革により、税財源、権限の移譲が行われ、地方公共団体の果たすべき役割はますます増大しています。その中で、市民から選挙で選ばれた議員により構成される葛城市議会(以下「議会」という。)は、同じく選挙によって選ばれた葛城市長と葛城市の代表機関を構成し、ともに市民の信託を受けて活動し、それぞれ異なる特性を生かしながら市民の意思を市政に的確に反映させるために競い合い、協力し合いながら、葛城市としての最良の意思決定を導くという共通の使命が課せられています。

 議会が市民の代表機関として果たすべき役割は将来にかけていよいよ増大し、その真価が問われることになります。葛城市として行財政改革に取り組んでいる今こそ、議会も率先して改革に着手し、その持てる機能、権限を存分に発揮して、住民福祉の向上に努めるときであります。
 このようなことから市民の代表機関としての議会の役割をいま一度見直し、その責務を明確にしながら、市民に対する説明責任を果たすことが現在の議会に課せられた使命であると考えます。
 よって、議会みずから行財政改革の範を示すため、葛城市議会改革特別委員会を設置し、広範な議論を重ねながら議会改革の調査、研究をするとの思いから、今回の特別委員会の設置を提案するものであります。

 以上、提案とさせていただきます。
 議会の改革、それから活性のためにも、議員諸氏のご賛同をいただきますようよろしくお願いいたします。




【当サイトのご利用にあたって】 このページの上部へ↑
Copyright (C) 2013 吉村ゆうこ All Rights Reserved.